★ アクション NEWS 13号 テキスト版  ★

 

◆5・3憲法集会in京都 「アベ政治許さない」と ◆

◆  円山音楽堂にあふれる3000人       ◆

◆野党6党が参加者と「安倍9条改憲NO!」のエール◆

 5月3日午後1時30分から、「5・3憲法集会in京都」が円山音楽堂で開催されました。続々と参加者が集まり、会場あふれる3000人を超える人が参加しました。

 開会の宣言の後、憲法9条京都の会代表世話人安斎育郎先生が開会スピーチし、続いて来賓の各政党(社会民主党・新社会党・日本共産党・立憲民主党・緑の党・希望の党)がスピーチを行い、9条改憲阻止の決意を参加者とともに固めました。また、自由党からもメッセージが寄せられました。

 

●池内了さん・池田香代子さん9条改憲阻止への思いと決意を訴え●

 安倍9条改憲の問題点と阻止への思いを、名古屋大学名誉教授池内了先生とドイツ文学翻訳家の池田香代子さんの二人が講演し、9条改憲阻止を訴えました。

 

◆各分野・青年が憲法9条への思いをスピーチ◆

◆3000人の大合唱「憲法9条五月晴れ」 ◆

 集会では各分野と年齢の方4名が9条への思いをスピーチしました。スピーチした最年少の高校生は「学校や仲間とともに憲法を学ぶ

 

中で、平和を守る9条を知った。まだまだ学ぶ事は多いが、平和な日本を大切にしたい。そのためには憲法9条が必要だと思っています」と力強くスピーチしました。

 

●府下各地に広がる署名推進団体が壇上に     ●

●当日持参された署名は1万4千筆!21万筆を突破●

 最後に3000万署名を進めている京府下各地に広がる地域アクションや連絡会などの署名推進団体が壇上に上がりました。あらゆる所で・元気よく署名を推進していく決意を、「アクション・京都」事務局の訴えとともに固めあいました。また、受付には1万4千筆以上の署名が次々積み上げられ、「アクション・京都」の集約では21万筆を突破しました。

 

 

★ アクション NEWS 11号 テキスト版  ★

  ◆民主主義破壊する安倍内閣への批判広がる◆

 ◆ 2・8に中京市民アクション結成し   ◆

 ◆   毎週月曜日に二条駅宣伝継続中  ◆

 中京市民アクションが2月8日結成してから、毎週月曜日午前11時30分から12時までJR二条駅西口で定例の宣伝を継続しています。3

 

月19日には、心配していた雨もあが り、11人の参加で署名は17筆集まりました。熱心に聞いて署名をしてくれた青年や、もっと賑や

 

かに宣伝してほしいと激励してくれた女性もいました。

 *3月29日午後6時30分からラボール京都で    *

 * 「話そう考えよう みんなでcafe」の開催を企画 *

 中京市民アクションでは、3月29日「話そう考えよう みんなでcafe」を午後6時30分からラボール京都で開催し、安倍9条改憲の問

 

題について語り合う会を企画し、入治彦牧師(キリスト者の3000万署名)や柴茂保(憲法Café朱八ネット)なども参加し話を聞きながら

 

語り合う事としました。案内ちらしも配布しようと確認し、早速準備をしました。

 安倍内閣は森友文書の改ざん問題により、三権分立の民主主義の根幹がゆらぎ、国会と国民にうその情報を流したことに対して、国民

 

の怒りは広がっています。国民の怒りの声を示す3000万人署の活動を知事選挙の中でも進め、世論を広げていきましょう。

 

 ◆3000万署名用紙増刷! Q&Aビラも作成!   ◆

 ◆ご希望の地域・グループの方はご連絡ください  ◆

 ◆ビラの裏は署名版の前に使うなどご利用ください ◆

 すでに3000万署名は府下で15万筆に到着しました。署名用紙が切れてきたところもありますので、新たに10万枚増刷しました

 

。また宣伝で利用できるビラがほしいとの希望があり、Q&A形式の安倍首相が狙う9条改憲に関する内容となっています。裏面は少し小

さくはなりますが、署名版の垂れ幕や宣伝の時に貼り付けるなどして、利用できるようにポスター形式になったものを作成しました。

 ご希望の地域・団体・グループの方はご連絡ください。アクション・京都として作成し無料で普及する事にしています。郵送希望の所

は送料のみいたたくことにしています。安倍首相のお友達優遇政治や民主主義無視のでたらめな政治が一気に表面化しています。安倍改

憲阻止へ向けて対話・署名・宣伝を広げましょう。

 

 ★ アクション NEWS 9号 テキスト版  ★

 

◆「3000万署名60万突破をめざす

       京都交流集会」150名が参加 ◆

 * 全国の仲間と「安倍改憲」発議の阻止へ *

2月3日土曜日6時30分から京都駅前のキャンパスプラザ京都第一講義室で「3000万署名60万突破をめざす京都交流集会」を「アクション・京都」が呼びかけて開催しました。集会には150名が参加し「安倍改憲動向と発議阻止の重要性、3000万署名の意義」と題して、全国市民アクション運営委員高田健さんから講演を行い、その後参加者のリレースピーチを行い、学び交流する中で、京都で60万署名の達成へ向けて全力を尽くす決意を固めました。

高田健さんからは、「安倍首相は昨年5月3日の『9条加憲案と教育無償化など』憲法に書 き込む必要のない目くらましの案を抱き合わせて提起し、期限を切った改憲策動を進めている。しかし、天皇代替わりや統一地方選挙・参議院選挙・オリンピックなどを控えており、国民投票は18年末から19年春か7月の参議院選挙でやらざるを得ない。極めてタイトな日程となっており、あまり強引に強行しては国民の反発も予想される。今年18年が安倍改憲をめぐる正念場のたたかいとなっている」と改憲をめぐる情勢が報告されました。また「国民投票は改憲側にきわめて有利な法制度となっており国民の多数が改憲反対の世論だとして安心せず、まず発議を阻止するたたかいに全力を注ぐ事が重要となっている。そのためにも3000万署名を広げよう」と呼びかけました。

 

◆ 「安倍9条改憲」阻止へリレートークで交流  ◆

 * 3000万署名のため「勇気ふるって署名を訴えた」*

 * 各地域アクションや連絡会の結成と活動を紹介   *

 集会の後半は、各地域や団体・個人から3000万署名を広げるための活動についてリレートークを行い交流しました。最初は数人にお願いし発言を準備してもらいましたが、会場からどんどん手があがり自らの経験や活動が熱心に報告されました。

 すでにアクション形式の組織が立ち上がっている、左京・伏見・右京地域からは、地域総がかりの活動を進め、学習や交流を繰り返しながらニュースの発行なども行っている事、さらに中学校や小学校区単位の組織や活動が進められている事が報告されました。参加できない方からFAXで「平和が大切、だからいとこにお願いの電話をしました。もうしたよといわれても、もっと集めたいから手伝って、と訴えました」と活動紹介がありました。会場からは「映画館・図書館などの前で毎日10筆集めています。署名の時は勇気を出して正面に立つようにして一人一人に訴えています」など元気をもらえる活動報告が続きました。

 最後にアクション・京都事務局から「現在京都で7万筆を超えており、各地で一人一人が活動を広げて必ず60万筆を京都で集めよう」と訴え、大きな拍手で確認しました。

安倍改憲NO3000万署名を広げよう!  -60万突破をめざす京都交流集会―

 安倍首相が、2020年施行、と期限を切って「憲法9条改憲」を打ち出しました。これを許さない運動が広がっています。

京都で60万筆をめざす署名は、現在3万8000筆(各団体や地域、グループでの集約)を超えました。交流会では講演で、全国の運動の広がり、ユニークな取り組みなど取り組みの弾みになる話などうかがった後、署名・宣伝に取り組む各地・各グループや個人の署名活動の知恵や経験を交流し、次への飛躍をめざします。

■日時:2018年2月3日(土)午後6:30(6:00開場)

■会場:キャンパスプラザ5F第1講義室

■内容 ①高田健さん(安倍改憲ノー!全国市民アクション運営委員)から全国の状況について講演

            ②参加者から京都で団体・グループ・個人が取り組んでいる活動の報告

■参加費300円

■連絡先:安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都(050-7500-8550)

         安保法制廃止をめざす市民アクション@きょうと/憲法9条京都の会/

              戦争させない1000人委員会京都連絡会

/              平和憲法を守り生かす京都共同センター

 

  市民アクション・京都とは?

     安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都は2017年9月26日にハートピア京都で結成の集いが200名の参加で開かれました。各地域でも9月27日の「市民アクション@丹後」を皮切りに、右京区花園(12月2日)や左京市民アクション(12月12日)、市民アクション@右京(12月14日)などが新たに結成され、宇治・城陽・久御山・八幡などの南部、伏見区で結成準備が進んでいます。

署名推進交流会や実行委員会での取り組みも地域に広がり、全労連や連合系の労組、医療団体、商工団体、女性グループ、市民グループ、個人が取り組む署名・宣伝活動もあちこちで始まっています。12月8日には、市民と野党の共同街宣も開かれ、5つの党の京都代表・国会議員が3000万署名をやり遂げる決意を表明しました

    12月8日金曜日 18:45 ~19:30

     京都タワー前

     安倍改憲NO!

   市民の共同街頭宣伝  

安倍9条改憲NO!の一点で手をつなぎ、戦争法を上回るかつてない市民の共同、

立憲野党の共闘を発展させ、安倍内閣退陣を実現しましょう。

 

    安倍9条改憲NO!11・3憲法集会in 京都

■と き 11月3日(金・祝)午後1時30分開会(12:30分開場)

■ところ 円山野外音楽堂(祇園・円山公園内)(雨天決行)

■講演 山内 敏弘さん(憲法学者 九条の会・憲法9条京都の会世話人)

◇政党等あいさつ

◇アピール

    安保法制に反対する学者の会/

    学生・青年/宗教者/安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都 他

◇子ども企画  小中学生の参加者全員に、素晴らしい絵本等をプレゼント!

 

■主催:憲法9条京都の会/安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都

企画運営:11・3憲法集会実行委員会

■連絡先 憲法9条京都の会

(050-7500-8550 FAX075-603-8135 メール:kenpo@9-kyoto.net)

*賛同の募金をお願いしています。

郵便振込口座番号00970-4-225702 加入者名:憲法9条京都の会

 

「安倍9条改憲NO!

全国市民アクション

   ・京都」

  結成の集い

  2017/9/25(月)19:00~

 ハートピア京都大会議室

 (烏丸丸太町下ル東側)

 *150名参加で終了しました

 

「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が結成され、全国署名が呼びかけられました。京都でも、「アクション」をスタートします。

結成の集いへ多くの皆さんのご参加を心から呼びかけます。

     準備会 一同       2017年9月15日

 

「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション・京都(仮)」準備会

 

連絡先   080-6180-9641吉永

(安保法制(戦争法)廃止をめざす市民アクション@きょうと)

      090-5166-1251 寺田

   (戦争させない1000人委員会京都連絡会)

      075-801-2308 梶川

  (平和憲法を守り生かす京都共同センター)、

     憲法9条京都の会事務局

  (050-7500-8550、FAX 075-603-8135)

 

 

 

 

             「 安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都」への賛同を呼びかけます。

 

                   安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は、つぎのとおり賛同を呼びかけています。

                              「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」への賛同のお願い

 日本国憲法の平和主義や基本的人権の尊重を全く理解していない安倍首相が改憲を具体化させようとしています。憲法は安倍を含む権力者が守らなければならないのに、そのイロハも知らない首相が主張する改憲はまさに憲法を壊す壊憲だと言わなければなりません。

 17歳で海軍に志願した作家の城山三郎さんは、「戦争はすべてを失わせる、戦争で得たものは憲法だけだ」と繰り返し語っていました。

 城山さんと同い年の作家の吉村昭さんは、城山さんとの対談で「あの戦争は負けてよかった」と言い、勝っていたら、軍人をはじめとしたカッコつきの愛国者が威張る時代が続いていたと述懐しています。そうした息苦しい時代を再来させないために、安倍の進める改憲に「ノン!」と言い、それをストップさせましょう。多くの人々の参加を呼びかけます。 2017年8月15日

 有馬頼底(臨済宗相国寺派管長)、梅原猛(哲学者)、内田樹(神戸女学院大学名誉教授)、落合恵子(作家)、鎌田慧(ルポライター)、鎌田實(諏訪中央病院名誉院長)、香山リカ(精神科医)、佐高信(ジャーナリスト)、澤地久枝(作家)、杉原泰雄(一橋大学名誉教授)、瀬戸内寂聴(小説家)、田中優子(法政大学教授)、田原総一朗(ジャーナリスト)、暉峻淑子(埼玉大学名誉教授)、なかにし礼(作家・作詞家)、浜矩子(同志社大学教授)、樋口陽一(東北大学・東京大学名誉教授)、益川敏英(京都大学名誉教授)、森村誠一(作家)

 

 

 

 「アクション・京都」も同じ主旨で賛同を呼びかけます。なおこの賛同は、同時に全国市民アクションへの賛同にもなります。

                                                                                                                                          2017年9月

「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション・京都」

   連絡先 安保法制(戦争法)廃止をめざす市民アクション@きょうと(080-6180-9641 吉永)

       戦争させない1000人委員会京都連絡会(090-5166-1251  寺田)

       平和憲法を守り生かす京都共同センター(075-801-2308  梶川)

       憲法9条京都の会 (050-7500-8550、FAX 075-603-8135

******************************************

主旨に賛同します。

◆ 個人の方

  お名前  (               )

  ご住所 (〒                         )

  連絡先  電話             (FAX            )

   E-メール

◆ 団 体 名 (                   )

  代表者  (             )

  連絡先  電話           (FAX          )

       E-メール

◆ 賛 同 金 1口500円、何口でも。(     )口、協力します。

 

2017年9月27日毎日新聞